ボディデザイナー よしかわ

略歴

1977年 宮崎生まれ

2003年~川崎・福岡・名古屋・東京にて整体・リンパドレナージュ・骨格調整・スポーツマッサージを行う

2007年~女性専門ボディデザインスタジオにて10年間、働く女性・主婦・学生・モデル・ダンサー・スポーツ選手に、体型やパフォーマンスを向上させるレッスン・整体施術を行う

2017年 みんなのてもみ 入社


できること

①骨格・体型をデザインする

②運動・日常のパフォーマンスUP

③姿勢を美しくする

…ことを目的とした整体&エクササイズ、ウォーキング指導


あなたの「こう変わりたい」を遠慮なくお申しつけください!


▼Web予約はこちらから
https://mitsuraku.jp/

よしかわのボディデザイン整体

ボディ60分 3,278円~(指名料+306円)

・骨盤引き締め
・骨格の歪み補正
・肉体バランス&パフォーマンスUP


▼Web予約はこちらから
https://mitsuraku.jp/

※よしかわの『ボディデザイン整体』をご希望の方は、Web予約画面にて
①希望コース(時間)を選択
②吉川指名を選択
③希望日時を選択いただき
④予約確認「コメント」の欄へ、リクエストを入力くださいませ。

メッセージ・お問い合わせ

ご連絡いただいた内容につきましては、後日 よしかわ から回答させていただきます。なお、メッセージの内容によっては返答いたしかねる場合がありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

*は必須項目です

*名前

*メールアドレス

メッセージ・お問い合わせ

Powered by FormMailer.

サロン情報

みんなのてもみ 水道橋駅西口店

住所:〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-7-9 西野ビル2F
TEL:03-3237-3336
最寄駅:JR中央総武線「水道橋駅」西口 徒歩1分
営業時間:平日11:00~22:00(最終受付21:00) 土日祝11:00~20:00(最終受付19:00)

▼みんなのてもみHP
http://minnanotemomi.jp/


店舗MAP


あなた本来の骨格を呼び覚ますオールハンド整体

アンチエイジング、美しい姿勢づくり、骨格太り解消、骨盤引き締め、肉体ストレス解消


▼Web予約はこちらから
https://mitsuraku.jp/

水道橋 整体 求人

社員採用制度・フリーシフト制の【みんなのてもみ】​正社員・ボディトレーナー募集中

▼詳細はこちらから
https://www.minnanotemomi.com/

綺麗なボディラインの源『腸腰筋』のポテンシャルを引き出す整体

「鏡を見ればありとあらゆるパーツが気になる」Rさん。全身のボディラインを整えることを目的に週一ペースで通い始めました。

まずは眠っているインナーマッスルを呼び覚ますことをテーマとして、これまで2回整体施術を行い、骨盤を引き締めるために重要な役どころを担うインナーマッスル「腸腰筋」が、そろそろ眠たい目をこすりつつ目を覚ましてきた感アリ。

3回目となる今回は「動き始めた腸腰筋のポテンシャルを引き出す」というのでしょうか。「下半身を引き締めるために、あなたはこういう風に動かないといけないよ」という教育を腸腰筋へ対して行いました。

腸腰筋の重要性を意外とみんな知らない?

正確な時期はうろ覚えですが「骨盤ダイエット」というエクササイズが流行り始めた頃から「腸腰筋」という筋肉の存在がクローズアップされ始めたように思います。その後、現在へ至るまで様々な腸腰筋のトレーニング法が紹介されたにも関わらず、世間一般的にまだまだその認知度は低いと感じています。

来店されるクライアントさんも、インナーマッスルという言葉は聞いたことがあっても「腸腰筋って何?」、その使い方や存在に至っては「まったくもってわからない」という方がほとんどです。

だからこそなのですが、腸腰筋の正しい使い方・トレーニング・活用方法を、施術やレッスンで体感されて、その変化ぶりを目の当たりにしていただいた時の驚きも大きいのかなと感じています。「こういう身体の使い方は今までしたことなかった」「身体ってこうやって引き締まるんだ?」「今までいくらトレーニングしても細くならない理由がわかった」という方が本当に多いのですよね。

腸腰筋のごく一部しか使えていないエクササイズも存在する

世に「腸腰筋トレーニング」と呼ばれているものは沢山ありますが、中には残念ながら腸腰筋の潜在能力を存分に引き出せていないものもあります。質の良い筋肉をつくろうとした時、その筋肉が持っている可動域を丁寧に隅々まで使うべきなのに、腸腰筋を一部の範囲でしか使わせていないエクササイズも少なくない。それだとボディデザイン的に結果を出しにくいのですよね。

「肉体をデザインする」ことを考えた場合、腸腰筋はかなり重要な役割を担っていて、腸腰筋を十二分に活かして動けるのと一部の範囲でしか動かせないのとでは、体型にも大きな差が出てきます。少なくとも骨格レベルで引き締めようと思ったら、腸腰筋をいかに機能させるかが重要になってくる。そしてほとんどの方は腸腰筋を上手く使えず身体の奥底で眠らせてしまっていて、そんな熟睡状態の腸腰筋を起こそうと思ったなら「痛み」「汗」は必須です。

体型を変える大切な基礎づくりの段階

今回のRさんも骨盤付近へ生じる痛みに耐えながら、そして汗びっしょりになりながら、腸腰筋が本来持っている機能へ近づける施術を60分みっちり受けていただきました。そして自宅で行う宿題も腸腰筋づくし。もう「これでもか!」というくらい、腸腰筋を動かすことにこだわってやっていただいています。

今は体型を変えるための大切な基礎づくりの段階なので、股関節・ウエスト・わき腹あたりに筋肉痛がつきもの。ただしこれを乗り越えたら「キレイ女子」へ生まれ変わる階段を上り始めることができるので、今後も彼女が途中でくじけないようしっかりサポートしていきます。

脚を細くしたい人向けの体幹・ランニングフォーム

ボディメイク目的で皇居周りを走るようになったCさん。最初こそ順調に効果が出ていると感じていましたが、ある時から太ももが太くなってきたような気がする…それどころかふくらはぎも。気のせいかと思いそのまま走り続けていたそうですが、明らかに脚全体がたくましくなってしまい、以前の写真と見比べてもハッキリと太くなっているのがわかるくらいになってしまったそうです。

せっかく身体を引き締めたくて走り始めたのに、これでは笑えません。でもこういう女性は意外と多くて、運動すればするだけ下半身がどんどん隆々になっていくというのでしょうか。あなたの周りにもいませんか?何かしらのスポーツをやっていて、上半身は華奢だけど、下だけやけにたくましさが目立つという方。

下半身だけ太くなる理由

なぜ下半身だけ太くなってしまうのか?こういった方は「体幹と脚の筋肉が連動していない」ケースが非常に多いです。間にある体幹は経由させず手足だけ一生懸命振っているようなイメージ。たとえば黒人のモデル・マラソンランナーは下半身がスラッとしていて、とても同じ人間には見えなかったりするじゃないですか?どうしてあそこまで細く引き締めることができるかというと、体幹側から手足をコントロールできている、体幹で脚を振っているからなのです。

一方、日本人は古来より下半身でバランスを取ってきた人種とも言えます。歌舞伎、日本舞踊といった伝統芸能はまさにその代表格で、重心を低く、どっしりと腰を据えて姿勢を構えます。そういう身体の使い方が元々刷り込まれていると言ってもいいかもしれません。

脚を細くする「用途」を肉体へ与える

では、生まれつきそういった身体のクセを持っていたら脚を細くすることはできないのか?いいえ、そんなことはありません。本来は人も動物の一種であって、生活環境もそうだし、身体を動かす際の「用途」が変われば、その「用途」に合わせた肉体(体型)へと進化・成長します。つまり「動きながら脚を細くする」ような用途を身体に与えてあげれば良いのです。

...と、言葉では簡単に言っちゃいますが、みなさんなかなかこれが上手くできない。Cさんも最初は「体幹と脚を繋ぐ」「体幹で脚を振る」という意味が、頭ではもちろん身体でもまったく理解できませんでした。ずいぶんと長い間「脚を太くする用途」を身体に与え続けていたのですから当然かもしれません。

太ももが細くなる方向に股関節を動かす

Cさんへ対してまず取り組んだのは股関節の向き・動きの改善。股関節は本来いろんな方向に動くのですが、太ももが太い方は特有の方向へ股関節がねじれて、一定の範囲に固定されてしまいます。一度ねじれてしまうと、体幹の筋力低下、重力の影響でどんどん太くなる方向へねじれていきます。自分自身でそういうつもりはないのだけれど、これは脚が太くなる用途を身体に与えているのと一緒で、この状態で運動すると、お尻・太もも・ふくらはぎは間違いなく太くなりやすいです。

では、360度あらゆる方向へ動くようにストレッチすれば良いのかというと、そんな簡単な話でもない。「柔らかくすれば」=「細くなる」ってイコールで結びたいけど、それは全ての人に通用する法則ではありません。なにごともメリハリが大切で、股関節も「脚を細くするのはココ!」という範囲・動かし方があり、それは人によって微妙に変わってきます。

体幹で脚を振るとこうなる

Cさんは「ココ!」というポイントを動かし続けて2週間。体幹と脚が繋がってくるのを実感し始め、そこからは施術を重ねながら、実際に走る際の脚の振り方や、脚を細くするために必要な動きを宿題としてやっていただき、細かいフォームづくりに着手していきました。

体幹で脚を振れるようになった相乗効果として、汗をかく量も増えてきたCさん。そうなると新陳代謝も高まり、お肌もみずみずしくなりますよね。新たにつくりあげたランニングフォームをすっかり自分のものにした結果、ガッチリたくましかった太ももは最初と比べて見るからに細くなってきました。「そうそう、こんな脚になりたかったんです!」とCさん。こうなると「もっともっとキレイになりたい」と欲が出てくるのも女性ならではで、Cさんはさらに女性らしいボディラインへと進化すべく、施術と皇居ランの両輪で肉体改造中です。

ボディデザイナー よしかわ

略歴 1977年 宮崎生まれ 2003年~川崎・福岡・名古屋・東京にて整体・リンパドレナージュ・骨格調整・スポーツマッサージを行う 2007年~女性専門ボディデザインスタジオにて10年間、働く女性・主婦・学生・モデル・ダンサー・スポーツ選手に、体型やパフォーマンスを向上...