ボディデザイナー よしかわ

略歴

1977年 宮崎生まれ

2003年~川崎・福岡・名古屋・東京にて整体・リンパドレナージュ・骨格調整・スポーツマッサージを行う

2007年~女性専門ボディデザインスタジオにて10年間、働く女性・主婦・学生・モデル・ダンサー・スポーツ選手に、体型やパフォーマンスを向上させるレッスン・整体施術を行う

2017年 みんなのてもみ 入社


できること

①骨格・体型をデザインする

②運動・日常のパフォーマンスUP

③姿勢を美しくする

…ことを目的とした整体&エクササイズ、ウォーキング指導


あなたの「こう変わりたい」を遠慮なくお申しつけください!


▼Web予約はこちらから
https://mitsuraku.jp/

よしかわのボディデザイン整体

ボディ60分 3,278円~(指名料+306円)

・骨盤引き締め
・骨格の歪み補正
・肉体バランス&パフォーマンスUP


▼Web予約はこちらから
https://mitsuraku.jp/

※よしかわの『ボディデザイン整体』をご希望の方は、Web予約画面にて
①希望コース(時間)を選択
②吉川指名を選択
③希望日時を選択いただき
④予約確認「コメント」の欄へ、リクエストを入力くださいませ。

メッセージ・お問い合わせ

ご連絡いただいた内容につきましては、後日 よしかわ から回答させていただきます。なお、メッセージの内容によっては返答いたしかねる場合がありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

*は必須項目です

*名前

*メールアドレス

メッセージ・お問い合わせ

Powered by FormMailer.

サロン情報

みんなのてもみ 水道橋駅西口店

住所:〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-7-9 西野ビル2F
TEL:03-3237-3336
最寄駅:JR中央総武線「水道橋駅」西口 徒歩1分
営業時間:平日11:00~22:00(最終受付21:00) 土日祝11:00~20:00(最終受付19:00)

▼みんなのてもみHP
http://minnanotemomi.jp/


店舗MAP


あなた本来の骨格を呼び覚ますオールハンド整体

アンチエイジング、美しい姿勢づくり、骨格太り解消、骨盤引き締め、肉体ストレス解消


▼Web予約はこちらから
https://mitsuraku.jp/

水道橋 整体 求人

社員採用制度・フリーシフト制の【みんなのてもみ】​正社員・ボディトレーナー募集中

▼詳細はこちらから
https://www.minnanotemomi.com/

現代人と未病の関係

未病とは、病気(病原体)は体内にあるのに、症状が表面化していない状態のことをいいます。自覚症状はあるのに病院で検査をしても異常を確認できない。最近はそういった兆候がみられる方が増えてきているようです。

PCにしろスマホにしろ。様々なものや仕組みが便利になっていった社会と引き換えに現代人は素早く、ソツなく、ミスもなく...それこそ機械のような日々を強いられている方が多いです。そういった現代人のカラダは以前と比べてどういう風に変化しているのでしょうか?

自律神経のコントロールが苦手になった現代人

人間は自律神経...交感神経と副交感神経の満ち引きで成り立っているのですが、多くの現代人はこの「満ち引き」が非常に苦手な生物となってしまいました。10年前はまだ良かった方で「満ち引き」が苦手というよりかは、仕事のし過ぎなどで交感神経が優位に傾いたまま、副交感神経に傾けないので「疲れている」「眠れない」といった症状が発生する方が多かったです。

アロマ・リフレクソロジーなどのリラクゼーションは、この交感神経に傾いた状態へ大いに力を発揮してくれるので、施術者側にしてみれば交感神経側に傾いた分を戻してあげるだけで良かったのです。たとえるならば「引き算」してあげる感じ?そうすれば副交感神経側へ傾く感覚を身体が思い出してくれて、その人はリラックス、安定した精神状態へと戻れます。

現代人のカラダは手強く変化してきている

でも時流の流れか雲行きはだんだんおかしい状況へ、人間が人間らしくなくなる時代へ突入し始めているような気がします。そういった状況下において施術者の視点からすると現代人のカラダはだんだん手強いカラダへと変化してきています。

以前は「交感神経に振り切れたメーターを副交感神経側に導いてあげる」だけで良かったのに、そんな簡単な問題ではなくなってきています。交感神経にも副交感神経にも大きく振り切ることができず、中途半端なところを延々とさまよっている感じでしょうか。

こうなるとリラクゼーションの「引き算」だけでは対応が難しくなってきます。満ちることも、引くこともできなくなってしまったカラダと精神。お医者さんでも対応しきれない、おかしな症状が出てきて当然だと思います。

前向きな力をつくる原動力

私がいま取り組んでいるカラダづくりは、表向き「体型をキレイにする、運動・日常のパフォーマンスUP、姿勢を美しくする」ではありますが、内実は現代人のカラダへ対してのアンチテーゼでもあります。

「引き算」だけだと足りないから、動いてカラダをつくる=前向きな気持ちの原動力=「足し算」も使って。こう言うと大げさかもしれませんが、今の時代背景に真っ向から挑んでいるような?そんな気持ちで整体+レッスンに取り組んでいます。

マッサージやエステを受けると確かにカラダも心も楽になりますが、それだけでは根本的な解決にはならないカラダへと現代人は変わりつつあります。何らかの未病の兆候を自覚している方は、カラダが人間本来の正しい動きを必要としていること。楽をするだけでは今の状況を抜け出すのは難しいことを知っていただきたいです。

お尻の大きさと肩幅は比例する?

「私、お尻の大きさも、肩の厚みも両方気になるんです。これ、なんとかなりませんか?」と、ボディデザインレッスンを希望されたMさん。「ハイ!よろこんで!」ではないですけど、こういった悩みを解決するのは得意としています。

女性であれば誰しも気になっているパーツがあると思います。お腹のお肉、太もも、ふくらはぎであったり、二の腕だったり。ひとたび肉体改造へ取り組んでみるとわかるのですが、気になっていたパーツが整ってくると今度は他の部分が気になってくる。たとえば下半身痩せを希望された方が、1ヶ月後には肩幅改善の施術&レッスンを受けているなんてことは良くある話です。本人が気にしている、悩んでいるパーツは一点物でも、私たちトレーナーから見れば全身やるべき所だらけだったりします。

骨盤が開いたために肩幅も広がった

Mさんの場合は長年のデスクワークによって、身体がインナーマッスルの動かし方を忘れてしまったが故に、重力へ引きずられて骨盤が開き、下半身が洋ナシ型に変化。華奢なウエストに対してアンバランスなくらいお尻が大きくなってしまっていました。土台である骨盤がこんな感じだと、肋骨・肩甲骨も下半身の太さに合わせるかのように形が崩れてしまいます。結果、下も上も太さが気になるようになり、時間経過とともにさらにふくらみ、崩れ始めた自身の姿に我慢できなくなって当店へ通い始めました。

これ…たとえば普通のスポーツクラブだとどうするんでしょうね?レッグプレス・レッグエクステンションをやりつつ、トレッドミルで走らせるのかな?そしてラットプルダウン&チェストフライの合わせ技?

私はそういった筋トレ云々の発想以前に、Mさんの股関節・肩甲骨の可動域の狭さが気になりました。これだけ可動域が狭くなっているということは「インナーマッスルが日常生活で全く機能していない」と断言してもいい。そのような状態で筋トレをしたとしても偏った体型になるのは目に見えています。

肩幅とお尻を同時に引き締めるウォーキング

というわけで、まずは崩れた骨盤の再建からスタート。お尻が膨らむ方向へねじれた股関節を整体施術の揉みほぐしと動的ストレッチで正しい位置に戻します。それだけじゃすぐに元の骨格に戻ってしまうので、日常生活のウォーキングで歩きながらお尻を締めていくコツを伝授。2回目に来られた時は、さらに肩甲骨も加えた歩き方をレクチャー。この時点でMさんは自分の体型が変わり始めたことを確信したそうです。3回目に来られた時は、肩甲骨と股関節をコントロールするインナーマッスルのエクササイズ。ここで動きながら体型を締めていく、肩とお尻を中心に向かって引き寄せるコツをマスターし、ご自身の肉体を進化させるための方向性を習得していただきました。

みなさんも気になるパーツは気にしつつ、時々でいいので全体のバランスが崩れていないかどうか、ぜひ鏡で全体像をチェックしてみてください。新たな肉体進化の課題・ヒントが見つかるかもしれません。

ボディデザイナー よしかわ

略歴 1977年 宮崎生まれ 2003年~川崎・福岡・名古屋・東京にて整体・リンパドレナージュ・骨格調整・スポーツマッサージを行う 2007年~女性専門ボディデザインスタジオにて10年間、働く女性・主婦・学生・モデル・ダンサー・スポーツ選手に、体型やパフォーマンスを向上...